03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

すいけん、どう?

  // 

WUG!応援ちう。がんばっぺ!

今週末はWUGオンリー! 

どうも、M3落選マン、すいけんです(´・ω・`) 同人音屋にとって最大のイベントなのにサークルカット送り忘れて落選とは情けなや…。

ま、それはさておき、今週末8/6はWUGオンリー即売会「同人誌即売会やらせてください! 仙台七夕スペシャル」(於:日立システムズホール仙台 交流ホール)ですね。今回も我が「酔鍵堂」参加させていただきます!スペースはD-04です。

今回の新譜はこちら。

再びのT-S○UAR○風パロディアレンジCDです。前々回出しました「WUG GT」の続編的な。

01.タチアガレ!~音速の少女たち~
サブタイトルからお察しください(ちと苦しいかw)。アイルトン・セナのテーマ曲っぽく。

02.16歳のアガペー~未来への扉~
セナのテーマやったなら今度はアラン・プロストのテーマ曲風に。実際にはこっちを先にネタとして思いついてたんですけどね(^_^;)

今回はこの2曲入り¥200。
某バイクアニメのキャラみたいなジャケットが目印です(笑)。名付けて「真夢先輩」www

「WUG GT」↓と合わせてお楽しみいただければと思います。


ご来場お待ちしておりますm(_ _)m

テーマ: アニメソング

ジャンル: 音楽

同人音楽  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

最近の活動報告 

花粉症もすっかり落ち着きを見せてまいりました今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか、すいけんです。
春は音系即売会、Mコミ、M3の季節でありますね。同人音屋しか気にしない季節感(笑)。

当サークル「酔鍵堂」も春のM3に向けた新作用意いたしました。今回も「Audrey Record」さんとの合同作品でございます。

まずは、今月アタマ神戸で開催されたMコミでも出しましたこちら。

プロフィール画像がそのまま映っているだけでありまして、アニメ「はいふり」自体とは何の関連もございません(大汗)。「はいふり」に関しましては後程。

そしてM3に合わせて新たにご用意いたしましたのは…

上でご紹介したデモの1曲目、テクノ系の曲だったものをベタなジャズにアレンジいたしました。わずかにAメロに面影を残すのみとなりました(^_^;)

4/24、M3はC-10b「酔鍵堂」で以上2作のほか、過去作、WUGアレンジCDなども頒布いたします。ご来場をお待ち申し上げておりますm(_ _)m

.

余談:同人音楽とは何の関係もございませんが(今後あるかも!?)、こんMAD動画なぞ作っておりました。今季のアニメは「ばくおん!!」が本命だったはずがすっかりこちらに引き込まれております(笑)。はいふりはいいぞ。

テーマ: VOCALOID

ジャンル: 音楽

同人音楽  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

WUGオンリー2016参加しますっ! 

東日本大震災から丸5年ですか…。

私も、5年前のこの日、休日出勤したら震災に遭遇しまして。無我夢中でお客さまを避難させた後、タバコ吸いながら「エラいことになったな…」と仲間と顔を見合わせることしかできなかったのを思い出します。
改めて、亡くなられた多くの方々のご冥福をお祈りいたします。

さて、震災というものを一つの契機として生まれたアニメ「Wake Up, Girls!」もTV放映から早2年。今年もオンリー即売会が開かれることとなり、我が「酔鍵堂」もまた参加させていただきます!

同人誌即売会 やらせてください! 2016
来たる3/20、大田区産業プラザPio 小展示ホールで開催です。

今回もフュージョン有名曲のパロディアレンジCD出します。宣伝動画作りましたのでどぞ。


1.Beyond the Bottom~再会の夕焼け~
カ○オ○アの代表曲、ついにネタに使ってしまいました(笑)。あの曲ってシンプルなようで、いざ真似てみようとすると難しいものですね。出落ち感が半端なく汗顔の至りではありますが、なにとぞ寛大なお心でお聴きくださいましm(_ _)m

2.極上スマイル~Twilight Birds~
これも超有名なシャ○タ○のアノ曲が元ネタです。私このスタイルのピアノ好きでして、以前にも別のオリジナル曲のピアノソロを友人に聴かせたら「お前○ャカ○ク好きやろ」と一発で見破られました(笑)。オシャレ感を楽しんでいただければ幸いです。

過去2回のWUGオンリーで出したCDもそれぞれ再販いたしますー。デモも貼っておきますね。



それでは、当日C-06「酔鍵堂」でお待ちしておりますm(_ _)m

テーマ: アニメソング

ジャンル: 音楽

同人音楽  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

革命的ブロードウェイ主義者同盟に潜入してきた 

声優の田村ゆかりさん、ライブ中止やラジオ番組終了を一斉発表 ファンに動揺

いやー先日流れたこの↑ニュースは衝撃でしたねー。当方もいわゆる「王国民」をかれこれ7、8年やってきましたので動揺せずにはいられませんでした。今のところキングレコードとの契約の問題と見られていますが、どうなってしまうのか気がかりですねぇ。

そんなさ中ですが、これまたキングレコードに関係のある(先頃キング本体に吸収されたスターチャイルドでしたね)声優、上坂すみれさんのライブ2Daysに足を運んできました。

ロシア・ソ連を愛好するなど、その特異な(失礼!)キャラクターなどは聞き及んでいましたが、昨年キングスーパーライブで歌う姿も見た辺りから徐々に興味が増して参りまして、先頃「ガルパン」劇場版をきっかけにソ連や共産主義の歴史関連の本を読み漁り始め(あくまで歴史趣味の一環として)、2ndアルバムも買い、そして遂に単独ライブに行ってみようと思い至った次第でございます。

曲名にもあるように「アキバ」より「ブロードウェイ」という言葉の方が似合うサブカル好き、というイメージが先行して、アングラ演劇みたいなステージを当初想像していましたが、結果的にはいい意味で期待を裏切ってくれました。

本人による影ナレからライブがスタート、おお、意外とオーソドックスな声優のライブだ…。

初の生バンドでのライブらしいですね。楽器を嗜む身としてはこれはやっぱり嬉しいし楽しいもんです。2ndアルバム、正直なところ楽曲にそこまで心惹かれないかな、なんて思っていたのですが、バンドアレンジで聴くとどれもカッコいいではありませんか!心を入れ替え(笑)、初日の帰りから曲を聴きまくり、家に着いたらPVを改めて観て、と一夜漬けながらも2日目は割と余裕を持ってノリノリになれた気がしました(^_^;)

バックダンサーも多いし、照明やステージ演出、転換時に流れる映像もかなり力入ってるなー、という印象。映像に武内駿輔、洲崎綾とデレマスの共演者出てくるとは!終演後に流れた映像ではスタッフロールとともにNG集とかジャッキー・チェン映画かよ!www

ニコニコ動画などで「おまけが本編」という言葉がよく使われますが、まさにそれを感じさせる終盤の展開でした。転換映像からの続き、という形で生の映像に切り替わった、と思ったら2階席になんとご本人登場!特に初日は2階席の通路際の席に居たので、文字通り「目の前」を彼女が通るという予想もしていなかった展開にビックリ。映像収録され、dアニメストアで配信されるとのこと(円盤にもなるのでしょうか?)なので、彼女とハイタッチし損ね(笑)、お隣さんがいじられて苦笑いしてる私が映り込んでいることでしょう(^_^;)

2日目は1階席後方、またしても近くを通ってくれたのは幸いでした。

前々からファンをやってらっしゃる方に訊いたら恒例のものだそうですが、こんなに気軽にファンとハイタッチして、プレゼント(さすがセレクトが独特!)を配って歩く、というスタイルのライブは今までに経験が無く、カルチャーショックと言って差し支えないほどの驚きでした。
これだと目立とうとする人が後を絶たないのでは…とも思いましたが、思っていたより年齢層高め(2日目のMCの際に判明)ということもあってか、いわゆる「厄介」と言われるタイプやそうした行動も殆ど見受けられなかったような(全く無かったわけではない)。声優ユニット多めだった先日の大阪での「みるくらりあっと」の客席が(良くも悪くも)元気過ぎたのを見たばかりなので余計違いが際立って見えたのかもしれません。「みるらり」のようなアイドル寄りの現場で多い「咲きクラ」なんかもほぼ見られませんでしたし、やはり客層が少し違うのでしょうかね?

何より好印象だったのが、彼女のトークですね。演者が延々としゃべり続けるスタイルは田村ゆかり姫で慣れてはいましたが、上坂すみれ書記長もなかなかよくしゃべることw 初日は終演が22:00近くに迫り、「おさない、かけない、しゃべらない」という目標を掲げた2日目も結局21:30をゆうに回っていましたね。
そしてトークの内容にものすごく既視感w 結構な人見知り、ネットスラングをちょいちょい使う、割と身も蓋もない話までぶっちゃける、歯の矯正の話題で「金属が口の中に入っている感覚が好き」なんて発言…これ、凄く田村ゆかり姫と同じメンタリティを感じますねー。
ゆかり王国民としては妙なシンパシーすら感じるところです。冒頭の件でゆかり王国の明日はどっちだ!?状態の今、こっちに移り住む(ファンクラブに入る)ことすら視野に入れ始めましたよ私(^_^;)

客席からプロパガンダ風の楽曲を歌い、最後には「生産!団結!反抑圧!」のスローガンを唱和、と予想というか期待していた展開はラストに待っていたのですね。個人的にはもっとああいう「共産趣味」的なノリを押し出してくれてもいいくらいでした(タイトルなどを見るに以前のイベントの方がその色合い濃かったんでしょうか)。

ゆかりんの件でいささか不安になっている(キングレコードの再編?ですみぺの先行きもどうなるか、というのはまぁありますが)中、良いライブを見られて良かった、来て良かった、と素直に思えるライブでした。

生産!団結!反抑圧! Ураааааааааa!!

テーマ: アニメソング

ジャンル: 音楽

雑記  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

(ネタバレあり)スター・ウォーズ観てきた 

今年は結構映画を観た気がしますね。主にアニメを(笑)。ガルパンはいいぞ。

…ってそういう話ではなく、今年最大の話題作「スター・ウォーズ フォースの覚醒」やっと(⁉︎)観たのでその感想をば。

とりあえず、旧作へのリスペクトはこれでもかというくらい伝わってきましたね。ストーリーもかなり意図的にEP4をなぞっていて、ニヤリとさせられるところも度々。

ただ、「あーアイツ死ぬな」なんて展開が読めてしまったり、全体的に小粒、悪く言えばEP4の下位互換みたいに見えてしまうのがこの手法ゆえの弱点かな、という気もしてしまいました(^_^;)

カイロ・レンにせよキャプテン・ファズマにせよ敵キャラが魅力的だったのは良い所。ファズマの中身がめっちゃ美少女だったりしたら萌えますね!(笑)。出番意外と少なめだったし、次回もう出て来ないのかな…(・ω・)

ジョン・ウィリアムズ による音楽はもう安心の一言。レジスタンスのテーマ曲めっちゃカッコいい!懐かしいあのメロディも随所に顔を出してサービスもばっちり、ってとこですかね。

個人的にはEP4以降のゴミゴミとした世界観の方が好みに合っているなぁ、と再確認。それに何と言ってもあのキャラたちの「その後」を見られる喜び!何のかんの言っても、ラスト、マーク・ハミル出てきたら高まらずにはいられませんね。ガンダムシリーズならZとか逆シャア、なのはシリーズならStS、と後日談系の話が好きな私としてはこれだけでも十分楽しめたのですが、せっかくならもうひと捻りくらい欲しかったところでした。

まぁ良くも悪くも、という意味を込めて、現時点での感想を一言で言うなら「最高の二次創作」とでもなりましょうか。
まだまだ明かされていない謎も残っていますし、次回作以降も楽しみに待とうと思います(゚∀゚)
未分類  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top