09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

すいけん、どう?

  // 

WUG!応援ちう。がんばっぺ!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

能登半島萌え鉄の旅~「花咲くいろは」聖地巡礼~(前篇) 

さてさて、京都でのMコミの翌朝、筆者は能登半島、七尾へ向かう車内におりました。
P1000682.jpg

先頃キッズステーションで再放送を観て「花咲くいろは」にハマり、今回せっかく京都まで来るのだから、北陸を舞台にした同作の「聖地巡礼」をして帰ろう、と考えたわけでして。
ただ、主な舞台に使われた金沢近郊の「湯涌温泉」と、駅や列車のモデルになった「のと鉄道」では、距離がかなり離れている上、のと鉄道の本数の少なさを考えると、1日で両方訪れるのは厳しいものが…。ましてその日には東京に帰らねばなりませんでしたし。
…そう考えながらのと鉄道のHPを見たところ、「西岸駅に設置している『湯乃鷺駅』の駅名標はこの春まで設置予定」「3/24より『花咲くいろは』ラッピング列車を運行」とあるではないですか!…はいこっちに決定(笑)。

Mコミ終了後、打ち上げを終えて最終の特急「サンダーバード」で金沢へ行き一泊。朝から能登半島に乗り込みます。七尾でのと鉄道に乗り換えて、一旦終点の穴水へ。
…半ば予想はしてましたが、地元のおばあちゃんとヲタしか乗客がいません(笑)。ラッピング列車運行に合わせて記念乗車券やらグッズを売り出しているため、売店は大盛況!?ですな。斯く言う筆者もグッズを買い込み(汗)、いざ聖地西岸駅へ。

P1000685.jpg
作中では「湯乃鷺駅」として登場。

P1000692.jpg
そしてホントに「湯乃鷺」の駅名標が建てられています。汚れや錆が無駄にリアル(笑)。

P1000699.jpg
P1000694.jpg
P1000693.jpg
オープニングの映像などでお馴染みの風景ですなぁ(´∀`)


P1000690.jpg
これで後ろの桜が咲いているシーンが、劇中凄く印象的だったのですが、午前中だと逆光になってしまって微妙(^-^;)

駅舎の中。
P1000687.jpg
P1000704.jpg
すっかり「花いろ」一色。ノートなんかも置いてあり、さながら大糸線 海ノ口駅の如し。

天気予報では雪と言っていた(実際七尾では雪が降ってました)ので心配でしたが、この時には晴れてくれて幸運でした。
この「ザ・田舎の駅」とでも言うべき佇まいが良い味を出してますねー。昔の名残なのか、ホームが結構長いのが余計に侘しさをかき立てます。

これにて目的其の一、「湯乃鷺駅」は達成。もう一つのお目当て、ラッピング列車の話はまた後程。

後篇に続く…
スポンサーサイト

テーマ: 鉄道旅行

ジャンル: 旅行

雑記  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://suikendo.blog55.fc2.com/tb.php/91-b85831d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。