07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

すいけん、どう?

  // 

WUG!応援ちう。がんばっぺ!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

最近読んだもの 

この頃家ではPCに向かってばかりな反動からか、仕事の合間の読書がエラく進みます。ま、読んでるのは殆どラノベなんですけどね(笑)。そんな中から、ここ最近で読んだ幾つかのラノベの感想を。


・虚淵玄「Fate/Zero」(TYPE-MOON)

星海社文庫版ではなく、最初にTYPE-MOONから出たやつを買っていたのですが、途中までしか読んでいなかったことを思い出して、この度のアニメ化を前に全巻読了。
紛うことなくTYPE-MOONの世界でありながらも、しっかり虚淵ワールドでもあるこの凄さ。決してハッピーエンドになり得ないことが事前に示唆されているだけに、ある意味凄く虚淵氏向けな話なのかも。
数あるキャラの中でも、間桐雁夜って非常に虚淵氏らしいキャラをしている気がします。(少なくとも本人は)善意と思って動く事でむしろ詰んでいく、否、初めから詰んでいた? という面において。後の「まど☆マギ」のさやかともダブって見えたり。あとはランサーの扱いにも「らしさ」が垣間見えるように思います。
そんな中、豪放磊落なライダーの存在が一服の清涼剤として際立ちます。彼とそのマスターは唯一ハッピーエンドに近い位置に立っていましたね。ライダーの最期はつい涙腺が弛みそうになりました。
あと、ツボがハマると凄く「燃え」られる話です。銃器とか乗り物の描写にも濃く漂うニトロプラス臭。改造V-MAXのトンデモハイスペックぶりにはもはや笑うしかない(^_^;)
アニメ版も充分過ぎる程良い感じですが、情報量の多い作品なので、活字で読んだ方がより楽しめるかと。


・田口一「この中に1人、妹がいる!」(MF文庫J)

完全にタイトル買い。「嘉門達夫かよ!」と突っ込まずにはいられません(笑)。加えて口絵のメインヒロイン?の入浴姿が、筆者のハートをがっちり鷲掴み。
タイトルの通り、「お前やろ」「いえ違います」という感じで話が展開するわけですが、そこにミステリ的な謎解きやどんでん返しが加わってくるところが特色。最近読んでたのって「機巧少女は傷つかない」とか「緋弾のアリア」みたいなバトル(+ラブコメ)物が多かったので、これはちょっと新鮮。ハーレム系ラブコメ、及び妹属性に抵抗が無い人には結構オススメです。
あと、裏表紙の煽り文句のはっちゃけぶりが酷い(褒め言葉)。「妹、妹、妹、よろしい。ならば妹生徒会だ!」(3巻) には流石に吹いたw なぜそこで某少佐殿。ってか「妹生徒会」ってイミフだし。
何だかんだで気に入ったので、応援バナーも貼ってみました。今後も楽しみ!


・あさのハジメ「まよチキ!」(MF文庫J)

アニメ放映当時は「よくわかんねぇし、ま、いいや」とスルーしていましたが、最近になってそのDVDのCMを観て、主題歌に一発で惚れ込み、じゃあ試しに、と読んでみました。
…めちゃめちゃ面白いぢゃん(゜∀゜) アニメ版を観なかったことを心底後悔。
「ハルヒ」と「生徒会の一存」を足したような味わいですね。主人公のボヤきっぷりがキョンに通じるものを感じさせ、一方で会話のテンポの良さも魅力。主人公と奏お嬢様の会話が毎回面白過ぎてヤバい。電車の中とかで読んでるとニヤニヤしそうになるのを堪えるのに必死になります。「そんな愉快な性癖は持ってねぇよ!」ってツッコミが妙に頭から離れません(笑)。
現在4巻まで読了。奏お嬢様が可愛い過ぎてたまらん。あぁっ、もっと虐めて(*´д`*)ハァハァ
スポンサーサイト
レビュー  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://suikendo.blog55.fc2.com/tb.php/59-2cfa3ffb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。