05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

すいけん、どう?

  // 

WUG!応援ちう。がんばっぺ!

6月に読んだ本まとめ 

suiken583の本棚 - 2012年06月 (11作品)
powered by booklog


6月は結構バタバタしていたのでちょい少なめです。読書に最適な!?「一人で長距離列車での移動」があまり無かったのも一因。

「BLOOD-C The Last Dark」は、映画の中では描き切れなかったと思われる旧約聖書のモチーフが随所に出てきて興味深いものが。小夜の内面や過去に関する描写も劇中より多めなので、作品世界をより知るのにも良いかと。一方で、「此の世と彼の世の間」云々という「吸血姫美夕」みたいな設定は果たして必要だったのかイマイチ疑問。それとも自分の理解がまだ浅いのか?

予想外にも(笑)、「ゴールデンタイム外伝 二次元くんスペシャル」が6月最大の衝撃。「三次元に用はない!」と言いつつも、心のどこかで三次元への期待を捨てきれずにその狭間で揺れ動くオタク青年の姿に、「何という俺」と思わずにはいられません。深入りして傷付くのを恐れる様であったり、変に肥大化する自意識・プライドであったり、まさに己の姿を見せつけられているようで、心にグサグサと刺さりまくって、割とガチでヘコみました(苦笑)。 それこそ本編が霞むほどの(笑)インパクトを残してくれました。

期待していた「神様のいない日曜日」「これはゾンビですか?」が思ったほどしっくり来ず。前者は独特な美しさがあって、良い作品には違いないのですが、今ひとつキャラに感情移入できなかった…。後者については完全に好みの問題。シュール過ぎてついていけなかった(笑)。おバカなコメディ路線では「俺の脳内選択肢が…」の方がストレートなバカっぷりで(褒め言葉)、断然好みでした。

「緋弾のアリア」は良い意味でいつも通りなので安心。ただ、いい加減キャラ増え過ぎじゃあないですかね?(笑)

いよいよアニメ版も始まる「この中に1人、妹がいる!」、ここへ来て急展開を見せてくれました。ただ、このタイミングでそんな謎を提示されると、アニメ版安心して観れないおヽ(;▽;)ノ

「フルメタ」はミリタリー熱の高まりを受けて再読。今改めて読んでもやっぱり面白いですね。こりゃ長年支持されるわけだ、と一人で勝手に納得(笑)。
スポンサーサイト
レビュー  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://suikendo.blog55.fc2.com/tb.php/107-2612e973
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top