07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

すいけん、どう?

  // 

WUG!応援ちう。がんばっぺ!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

劇場版「BLOOD-C The Last Dark」 

それにしても今年は劇場版アニメの当たり年なんですかねぇ。筆者が観たもの、観る予定のものだけでも、「ストライクウィッチーズ」、「BLOOD-C」、「図書館戦争」、「なのは」、「ヱヴァンゲリヲン」「まどマギ」。「花咲くいろは」って今年だっけ?「とある魔術の禁書目録」は来年らしいですね。他にも「タイバニ」とか多々ある模様。

さてさて、昨日劇場版「BLOOD-C The Last Dark」を観て、あまりの良さに感動したので(大袈裟)その感想を。


「ふみとぉぉぉぉっ!」のCM↑でお馴染み!?のこれ、実は当初ノーマークでした。去年のTV版も、「何で『BLOOD』シリーズなのに学園ものなノリなわけ?意味わかんね」とスルー。…だったのですが、件のCM、東京という「都市」の描写の綺麗さに惹かれ(渋谷のスクランブル渡るところが凄くツボでした)、「これはアリかもわからんね」と慌ててTV版&そのノベライズ版で予習した次第(汗)。TV版は…ラストのどんでん返しは割と面白かったですが、絵柄のせいかグロ全開の演出のせいか(苦笑)、イマイチしっくりこないところも。好みの問題もありますが、小説版の方が雰囲気出てる気がします。

ま、そんなこんなで一抹の不安を抱きつつも(笑)劇場版を観たのですが、まったくの杞憂でした。CMでも感じた「『都市』の描写」の緻密さ、美しさにProduction I.Gらしさを個人的には感じました。やっぱりこのシリーズには「都市」の方が舞台として似合う気がします。筆者割に「パトレイバー」信者なので、「東京に降る雪」をみると「パト2だ!」ってテンションが上がっちゃうところもありますが(笑)。そもそも「BLOOD」シリーズ自体押井守氏も関わって出来たものですから、今回のこれに押井作品をはじめとしたProduction I.G臭を感じるのはあながち間違いでもないかなぁ…。「パト」などのお好きな先輩にも、殆ど予備知識なしで見せたのですが、「流石やね。作画が綺麗」とのコメント。

主人公、小夜のキャラも、無愛想でストイックな昔の「BLOOD THE LAST VAMPIRE」のイメージに戻って一安心。TV版ラストでも「戻った」姿を見せてはいましたが、今回は終始その「本来の小夜」で通していて何だか「男前」。終わった後「ヤバい、奈々様超カッコいい!!」なんて言ってる女の子たちを見かけましたが、うん、分かるよその気持ち(笑)。筆者も小夜の鋭い視線にゾクッと来ちゃいました(;゚∀゚)=3ハァハァ

正直、TV版の時は「何じゃこりゃ」的な印象すら持っていた所がありますが(言い訳がましいですが、決して嫌いではないです)、それを覆してさらにお釣りが来るくらい、この劇場版はツボでした。画にしろキャラにしろ、しっかり「BLOOD」シリーズらしくなって帰ってきた、という点がやはり大きいのかもしれません。些か冗長な前フリから、劇場版でビシッとキメる、という流れ、何だか「ハルヒ」での「『エンドレスエイト』からの劇場版『消失』」みたいですね。
劇場版で観終わってから思わず設定資料集も衝動買いしちゃいました(;^ω^)サントラも買おうか検討中…。そういえば佐藤直紀って今まで真面目に聴いたことなかったかも。いやその前に小説版買わねば。何?コミック版もあるの?やっぱもう一回観ようか…

…ここへ来てどっぷりハマりそうな予感。「Another」はどうした(笑)。

布教のため(笑)、予告編もういっちょ貼っときます。
スポンサーサイト

テーマ: アニメ

ジャンル: 映画

レビュー  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://suikendo.blog55.fc2.com/tb.php/105-35e5723e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。