07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

すいけん、どう?

  // 

WUG!応援ちう。がんばっぺ!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

田村ゆかりLOVE LIVE 2011 SPRING "Mary Rose"の感想とか 

IMG_0889.jpg
先日田村ゆかり武道館ライブ2daysが終わりました。まだまだ日本各地で大変な状況にある中、無事にライブが開催され、それを楽しむことができた、ということに感謝をm(_ _)m


詳細なレポ等は書いてらっしゃる方々が多いことかと思いますので、少し違う視点から書けるかわかりませんが(笑)、私なりに感想やらをつらつらと。


バンド等の話


今回はキーボーディストが交代し、Pたん氏という渋めの!?オジさまが登場。プレイを聴く限り、前回ののぶぴょん氏と同様、「キーボーディスト」というよりは「ピアニスト」としての比重が高いお人のように思われました。特に今回はジャジーな曲が多めでしたし、そうしたところを踏まえての人選なんでしょうかねぇ。ピアノ一本の「YURES EVER」(一日目)、「宵待ちの花」(二日目)も良かったですし、「fancy baby doll」の間奏(ゆかりんがウサギを投げるところ)はスーパーPたんタイムと化してましたね。「floral blue」(だったと思う)のラストでのエレピソロも美味しかったなぁ(´∀`)


筆者2日間ともアリーナ席の上手側の席でした。特に初日は割に前寄り、はた坊氏(Dr.)の正面くらいの位置でした。幸い!?ベースも上手側だったので、これでまさにゃん氏(Ba.)のプレイをよく観れるぜ、と思ったら譜面台でまさにゃん氏の手元殆ど見えませんでしたorz
そんな中今回初めて気付いたのですが、はた坊氏もレギュラーグリップで叩いてたんですね。先日のデPフェスのドラマー氏もそうでしたが、レギュラーグリップで自在に叩ける人って凄えな、と改めて感心した次第。


ある意味演奏陣の目玉としては「桃色管係(かんけい、と読むようです)」なるブラス・ホーンセクションがいたことが挙げられるかと。「LOVE ME NOW!!」のBメロの裏メロとかリフとか、生で入るといい感じでしたね。最近とみにブラスの入った曲も増えてきたので、生のブラス隊は凄く効果的だった気がします。


曲目やらの話


前述の通りブラス隊がいただけにそれを活かしたジャジーな曲が凄く印象に残りました。そういや前回やってなかった「恋に落ちたペインター」、筆者すっかり存在を忘れてましたね(笑)。予想にも挙げた「恋のアゲハ」やってくれたのは嬉しかったなぁ(´∀`) この手のジャズ歌謡な曲ってのはゆかりんの一つの持ち味だと思いますし、本人もジャズ的なのが好き、といった発言をしてましたね(あにみゅ!とかファンクラブ会報とかのインタビュー)。年齢的なところも考えると(失礼!17歳でしたねw)、今後そうした方向にシフトして行くのも一つの道なんでしょうか、なんて1ファンとして勝手に思ったり。あとは、ジャズのスタンダードナンバーのカバーとかやってくれないかな、って妄想してみたり(笑)。


そして、今回思いの外古めの曲が多く採用されてましたね。「Super Special Day」とか「天使のお仕事」とか「Picnic」とか「baby blue sky」とか。「おっさんホイホイ」と評した方をネット上でも見かけましたが、まさにその通りかと。しかもシングルA面でない曲を持って来るあたり、特に年季の入った王国民歓喜、って感じでしたね。前に武道館でやった'08年の時だと、送り手も受け手も「武道館でやれるのは最初で最後じゃないか」という意識が少なからずあったかと思うのですが、それを反映してか「十六夜の月~」からの曲をメインにしながらも割にベスト盤的な選曲でした。それに比べると、今回は結構玄人好みな選曲で勝負する、ある種の余裕みたいなものを感じました。


その他、今回良かったなぁ、って思った曲:Don't wake me UP、神聖炉、Spring Fever、Beautiful Amulet、Cherry Kissなどなど。


その他諸々


・情勢を反映して、地震発生時の注意事項などの前説があったのですが、初日は緊張からか結構カミカミだった前説氏。客席から「頑張れー」って野次が飛んだり拍手が起きたり。微笑ましいやら何やら。ゆかり王国の国民性、ってもんですかね(^_^;)

・ライブ会場限定発売の新曲「めろ~ん音頭」。練習コーナーがあったとはいえ、王国民みんな出来過ぎ(笑)。「よく訓練された」という形容は伊達じゃない!ま、筆者もニコ動で予習してましたが(笑)。

・「うんうんそだそだ」の映像と共に登場したり、「なまえをよんで」と「なのは」の台詞を言いながら現れたり、レイザーラモンRGの「あるある」のネタをやってみたり、たまちゃん氏(Gt.及びサウンドプロデューサー)ネタ仕込み過ぎだろw 以前からゆかりんのMCは面白いことで定評がありますが、前回のツアーからそれをたまちゃん氏が更に掻き回す、って構図ができつつありますね。

・何と、'08年の武道館公演の前に喉の手術をしていた、との衝撃告白Σ(゚д゚lll) 「32にもなると涙腺が緩くなって」云々と当時口走って(笑)いたのはそういったところも含めてだったんでしょうかね。

・二日目ラストに、「『またね』って言えるって凄く幸せなことだよね」って良いこと言ってくれちゃってチクショウ(笑)。あれでゆかりんに惚れ直した王国民多数と思われ(笑)。


始めにも書きましたが、こうしてライブを楽しめた、ということは私たちにとっての幸せですし、私個人にもこれがまた一つ活力の源になるかと思います。

では、ゆかりんに倣って「またね!」(・∀・)ノシ
スポンサーサイト
雑記  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://suikendo.blog55.fc2.com/tb.php/10-0bf55b3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。