fc2ブログ

0519

東北・北海道ローカル線の旅~第二夜~  

さてさて、まどか☆温泉まかど温泉でゆったりした我々、翌日は大湊線、花輪線の攻略に向かいます。天気は生憎の雨ですが…。

まずは野辺地駅へ。南部縦貫鉄道の廃止からはや15年になろうとしてるのですね…。乗っとけば良かったと後悔しているところの一つです。
IMG_2295.jpg
今ではすっかりこっちですな。でもまずはJRとして残った大湊線へ。

大湊線は何と言うか、車窓からの眺めがダイナミックですね。海は近いし、反対側を見れば風力発電の風車がズラリ。エネルギー絡みの産業の要地なんでしょうか、こういうローカル線に似合わず(失礼!)ビジネスマンの割合が高いです。

終点大湊で少し時間があるので海辺に行ってみました。
…見事に⁉シャッター通りと化していますね。「飢餓海峡」でも、戦後軍が去ってさびれた、なんて記述がありましたが、半世紀経った今の姿はどうなんでしょう。この地域出身の松山ケンイチが昨今大活躍してる、なんて明るい話題もありますけど。
P1000806.jpg

P1000805.jpg


恐山をバックにパチリ。何かコーヒーのCMみたいでちと格好良くないですか?(自画自賛)
P1000814.jpg


野辺地に戻って、今度は新幹線も乗り継いで盛岡へ南下します。お次は花輪線です。それにしても、IGRいわて銀河鉄道は改札口も随分と離されてて、不便でしょうがないと思うのは自分だけでしょうか…。

この花輪線、33.3‰の勾配区間もあり、なかなかの山岳路線らしいとのことで、個人的にはかなりwktkですヽ(´∇`)ノ とか言いつつ酒飲んで真っ赤になってたんですがね自分(笑)。そっちでテカテカかよ!
それこそ安比高原付近とか、いかにも「山の中」感に溢れてますね。一方で、割と沿線は開けていて、思ってた程秘境という訳ではなく、若干拍子抜けだったり(^_^;) 以前鉄道雑誌で「小海線と雰囲気が似ている」なんて書かれてましたが、言われてみると頷けるものが。何だかんだ言っても、日頃山に縁の無い筆者、しっかり沿線風景を堪能させて頂きました(´∀`)

そんなこんなで、この日のキャンプ地宿泊地、湯瀬温泉に到着~。
IMG_2297.jpg


ペース配分の都合と、筆者の気力の問題で(笑)、今回はここまで。

次回を待て!

Posted on 2012/05/19 Sat. 00:28 [edit]

CM: 0
TB: 0

プロフィール

Twitter

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

▲Page top