07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

すいけん、どう?

  // 

WUG!応援ちう。がんばっぺ!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

2012年に読んだ本BEST5 

さて、この頃「読んだ本まとめ」もやってなかったので、ここで2012年の総まとめを。
去年の暮れからブクログで読書記録を付けてまして、それによると今年読んだ本は12/28現在149冊。内訳は9割5分くらいラノベなわけですが(笑)、その中から勝手にBEST5を選出!


1位:「ココロコネクト」シリーズ(庵田定夏/ファミ通文庫)

ココロコネクト ヒトランダム (ファミ通文庫)
ココロコネクト ヒトランダム (ファミ通文庫)

今年読んだ中では文句なしの1位。表紙のイメージに反して結構重め、というか割と鬱展開なところがあるが、慣れるとこれがたまらない(笑)。基本は「ぶつかり合い、悩みつつも進んでいく青春もの」なので、あまり真っ当な青春を送ってこなかった自分には眩しかったり。そういう羨望の念も含めて、このドラマチックさは傑作として大いに推したいところ。萌えという点でもかなりポイント高いかと。稲葉んやべぇ!
eufoniusの主題歌含めアニメ版も良かったのに、例の炎上騒動で後味が非常に悪いのが唯一にして最大の欠点。作品のせいじゃないのに…。みんなでモリモリ読んで作者さんを励まそうず!


2位:「Another」(綾辻行人/角川文庫・角川スニーカー文庫)

Another(上) (角川スニーカー文庫)
Another(上) (角川スニーカー文庫)

作品単体のインパクトでは「ココロコ」に後れを取るものの、コミックス版、アニメ版、実写映画版、とメディアミックス展開全体でみると今年一番ハマった作品。主人公たちの設定年齢と自分が同い年(まさにこの年の中3だった)、という個人的な理由での愛着みたいなものもあるけどね(笑)。
前半のじわじわくる感、中盤からの異様な雰囲気の演出、ラストで明かされるどんでん返しの衝撃度。そしてヒロイン見崎鳴の人形と絡めたミステリアスさよ。ラノベじゃないのに原作の描写だけでも凄く萌えられる!よく似た展開の(むしろ原型?)「緋色の囁き」も読んだが、やはりグイグイと引き込まれるわー。
難点はただ一つ、角川のアニメの売り方。


3位:「ゴールデンタイム」シリーズ(竹宮ゆゆこ/電撃文庫)

ゴールデンタイム〈1〉春にしてブラックアウト (電撃文庫)
ゴールデンタイム〈1〉春にしてブラックアウト (電撃文庫)

竹宮ゆゆこ作品初体験。「ドライ&ポップ」とでも言うべき独特のリズミカルな文体と、比喩のセンスに完全にやられました。思いの外「萌え」色も薄めなので、1巻目での「本文中にイラストページ無し」という暴挙(笑)は正解だったと思う。ついつい大学時代を思い出して、「あ~こういうのあるあるw わかるわ~」ってなっちゃう。そういう意味ではおっさん向け作品かと(笑)。

そして、本編以上にインパクトの大きかった「外伝 二次元くんスペシャル」。三次元への未練もどこかで捨てきれず、二次元との狭間で揺れ動くオタク男子の心理を的確に描き、そして抉る。もうガチで凹みましたよ自分(笑)。

ゴールデンタイム 外伝 二次元くんスペシャル (電撃文庫 た 20-20)
ゴールデンタイム 外伝 二次元くんスペシャル (電撃文庫 た 20-20)


4位:「RAIL WARS!-日本國有鉄道公安隊-」シリーズ(豊田巧/創芸社クリア文庫)

RAIL WARS!―日本國有鉄道公安隊 (創芸社クリア文庫)
RAIL WARS!―日本國有鉄道公安隊 (創芸社クリア文庫)

ここまで正面切って鉄道を題材にしたラノベって今まで無かったよね?筆者「鉄道むすめ」の小説版くらいしか例を知らないです。キャラとかはベタに過ぎるものの、その道に造詣の深い作者さんだけに、設定がしっかりしていて、「わかってる」感に溢れているのがGood。キャラ名の元ネタのセレクトからして渋い(笑)。
加えて「国鉄が民営化されずに続いていたら」というif設定を見事に具現化した、バーニア600氏のイラストが素晴らしい!3巻の「横軽」という舞台、完全にバーニア氏の趣味だろ(笑)。鉄オタならイラストのために買っても損は無いんじゃないかなぁ。


5位:「サクラダリセット」シリーズ(河野裕/角川スニーカー文庫)

サクラダリセット  CAT, GHOST and REVOLUTION SUNDAY (角川スニーカー文庫)
サクラダリセット CAT, GHOST and REVOLUTION SUNDAY (角川スニーカー文庫)

「バトルの無い超能力もの」という変わり種!?独特のゆったりとした時間が流れて行き、静かに優しい物語が紡がれる。謎に満ちた本編もさることながら、短編集の4巻がかなり味わい深かったかな。時系列がいささかややこしいのが難点かも。



割と僅差ながら、次点で「サムライブラッド」(HJ文庫)、「僕の学校の暗殺部」「ぜんぶ彼女に『視』られてる?」「武装中学生2045-夏-」(ファミ通文庫)、「ストライク・ザ・ブラッド」「神様のメモ帳」(電撃文庫)、「クーデレな彼女とキスがしたい」(一迅社文庫)、「中二病でも恋がしたい!」(KAエスマ文庫)といったあたり。

今年は特にファミ通文庫に当たりが多かった印象ですね。「葵-ヒカルが地球にいたころ…」や「マブラヴ オルタネイティブ トータル・イクリプス」も良かったし、今年始まった上掲3作は今後の展開が楽しみ。
一方で去年集めまくってたMF文庫Jがやや減ったかな。「なかいも」「緋弾のアリア」「機巧少女は傷つかない」など継続中のシリーズものばかりでした。そういえば「豚は飛んでもただの豚?」の続きマダー?(・∀・ )っ/凵 ⌒☆チンチン

そうそう、もはや古典と言われるのかもですが、「半分の月がのぼる空」をこの歳になって読んでみたら興味深いものがありました。やはりセカイ系的な時代性みたいなものがありますね。

さぁ、来年はどんな本との出会いがあるでしょう!?
スポンサーサイト

テーマ: ライトノベル

ジャンル: 小説・文学

レビュー  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

9月に読んだ本まとめ 

suiken583の本棚 - 2012年09月 (7作品)
powered by booklog


仕事関係も忙しくなったことを受けて、さらにペースダウン(´・ω・`)

まずは「魔法科高校の劣等生」シリーズ。友人から借りて読んだのですが、確かにこれは読み応えがありますな。話が長いのが難点(笑)。主人公のチートっぷりが半端ないのですが(笑)、ここまでやられるとかえって清々するレベル。

他の3冊もかなり好み。

作者が現役自衛官という「君が衛生兵で~」、イロモノ臭がしまくりなのですが、意外と(失礼!)しっかりしてました。身も蓋もない言い方をしてしまうと、まるで「パトレイバー劇場版2」なのですが、最近の日本の状況を見るとあながち冗談とも笑い飛ばせないテーマですね。

「ぜんぶ彼女に~」は完全にジャケ買いだったのですが(笑)、これまた思いの外面白かった。序盤を職場で読みながらニヤニヤを押さえるのに苦労しましたねぇ(苦笑)。タイトルを見ててっきりヤンデレものかと思ってたら、物凄く電波と言うか不思議ちゃんでした。ケラケラ笑いつつも最後はほっこり、見たいな感じで結構ツボでした。

「サムライブラッド」、まずは女性が主人公というところがちょっと新鮮。陰陽道を中心に据えた独特な「偽史」の世界観も面白いし、続編早く出て欲しいなぁ。

テーマ: ライトノベル

ジャンル: 小説・文学

レビュー  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

8月に読んだ本まとめ 

suiken583の本棚 - 2012年08月 (10作品)
powered by booklog


9月も半分経っちゃいましたが、そう言えばまだまとめてなかったのでここで。

うん、ミリタリー趣味の高まりがよく出ていますね(笑)。

とりあえず8月は「トータル・イクリプス」が中心。このほかメカ設定資料集なんかも買い込んでおりまして。アニメ版だとかなり駆け足で、キャラの内面、水面下で蠢く各国の思惑、といった部分がちと弱いかな。元々情報量の多い世界観でもあるので、小説版が断然オススメ。

面白かったのは「僕の学校の暗殺部」。ふゆの春秋氏のイラストに惹かれて買っただけだったのですが(黒髪少女にSIG552はイイね/笑)、「ハード&ドライ」という形容がピッタリな文体・展開に、いい意味で期待を裏切られました。個人的には、主人公の内面の描写がもっとあっても…という気もしましたが、それだと魅力が薄れてしまうのかも知れません。ある種の「ラノベっぽくなさ」が新鮮な一冊。

8月唯一の非ラノベ作品「緋色の囁き」も良かったです。「Another」とよく似た舞台設定(というよりこれが「Another」のベースになったのか?)で初めから謎めいた流れに引き込まれ、最後まで一気に読みたくなる引力を感じましたね。文字通り寝る間も惜しんで読み耽ってしまいました。

テーマ: 読書

ジャンル: 小説・文学

レビュー  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

実写版「Another」 

「なのは」と並んでこの夏楽しみにしてた映画「Another(実写版)」、初日に早速観て来ました~。

…初めに言っておかねばならないのは、アニメ版に思い入れが強いと肩すかし喰らうよ、ということ。人形屋で鳴に会うシーン、あっさりし過ぎてて何だかなぁ(´・_・`) 序盤のミステリアスな見せ方は良かったのに…。これまたあっさり眼帯外しちゃうし。人形をもっと「魅せて」くれても良かった気が。一方で、26年前のエピソードでの人形を使った演出は効果的でしたけどね。そう来たか~、というところでもあります。

尺の問題もあるのでしょうが、全体的に「じわじわ来る」感が希薄かな。尤もこれは敢えてのものだそうで。監督も「より直接的なショッキングさを」なんてこと言ってましたし。確かに、死亡フラグ立ってからの「来るぞ来るぞ…うわぁ(´Д`)」という見せ方はなかなか。追い詰められて行く感じとか、合宿に入ってからが本番ですかね。そして今回も赤沢さんは凄かった。アニメ版とはまた違った意味で。

他方、謎に挑む人間を基本恒一と鳴の2人に絞ったのはナイスだったように思います。そしてこの2人の甘酸っぱさよ。原作、漫画版、アニメ版と各種ある中で、これが一番「青春」していた気がします。これも監督の「往年の角川のアイドル映画みたいなところを狙った」云々との発言が。…そうか、これって実は「時をかける少女」だったんだ!(たとえが古い!?) 何だかんだでこの割と普通っぽい鳴もだんだん可愛く見えてくるから不思議(笑)。

終盤「死者」の描写が個人的には「?」でしたが、新解釈によるラストは「!」。考えようによってはラストが一番怖い(^_^;)

見終わった時点では正直「何だかなぁ(´・_・`)」という印象でしたが、監督やら綾辻氏のインタビューを読みつつ反芻してみると、「これも一つの形としてアリかな」という気にもなってきました。ポイントを知った上でもう一回観てみるといいのかもしれません。
レビュー  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

7月に読んだ本まとめ 

suiken583の本棚 - 2012年07月 (11作品)
powered by booklog


6月に観た劇場版「BLOOD-C」に影響されて、最近の吸血鬼ものラノベ、3タイトルに手を出してみました。三田誠「クロス×レガリア」、山口幸三郎「ハレルヤ・ヴァンプ」、三雲岳斗「ストライク・ザ・ブラッド」。

「クロス×レガリア」は、「仙人」の要素も取り入れた中国風の設定が特徴的。キャラとかに既視感を覚えるところもあるものの(まぁ吸血鬼ものはどうしても似るものでしょう)、しっかりと燃える展開もあって良い感じでした。そしてスケールの大きなオチが印象的。ただ、それだけに「これ1巻完結でよくね?」って気にもさせられてしまう諸刃の剣でもあるかも(^_^;)

「ハレルヤ・ヴァンプ」は、この中で一番「いかにも」ラノベ的な雰囲気。キャラとかギャグの部分において。一方で、「人間として生きるとは?」という問いも一つのテーマとしているので、どうせならもっとシリアスにしても良かった気もします。

「ストライク・ザ・ブラッド」が3つの中では一番好みでした。悪く言えば厨二全開な世界観・設定ですが、それが好きな人にはむしろ堪らないところ。ボーイ・ミーツ・ガールものとして見ると、これが一番優秀だったように思います。メインヒロインの雪菜ちゃんがもう可愛くて(*´д`*)ハァハァ 時折ヤキモチ妬いたり拗ねたりする姿が可愛いねぇ。「萌え」が前面に押し出されているわけでもないのですが、主人公との距離感とか、進展しそうでしないラブコメ的展開を見てニヤニヤしたい人にはオススメ。「燃え」メインにしながらもさりげなく「萌え」られる良作。


インパクトということでは、至道流星「大日本サムライガール」が凄い。「極右思想の持ち主な少女が、独裁者目指してアイドルになる」ってどういうことなの…とキワモノ臭がプンプンしますが、だがそれがいい(笑)。いざ読んでみると、ちょっとズレていながらも真っ直ぐな彼女の姿が気持ち良いですねぇ。時折恥じらう姿や、無自覚にデレる様に萌えます(*´д`*) 何だかんだで続きが楽しみで2巻目予約しちゃいました。

古典部シリーズ4冊目「遠回りする雛」、アニメ版のほうたるとえるたその微妙な距離感を楽しみたい方には最適かと。次の「ふたりの距離の概算」はそういう意味でのタイトルではないのでご注意を(笑)。

岡本タクヤ「武装中学生2045」も良かったです。「戦争放棄を謳う日本で軍事教育を施される子供たち」という設定、押井守がアニメ化したら凄く説教臭くなりそうで(笑)好みです。それこそ「パトレイバー劇場版2」とか「犬狼伝説」辺りが好きならイケるのでは。

今回は自分的に「当たり」な作品多めでした(´∀`)
うーん、まとめてあれこれ書くと長いな…。前みたいにブクログで個別に感想書いた方がいいのかしら。
レビュー  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。