02« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»03

すいけん、どう?

  // 

WUG!応援ちう。がんばっぺ!

交響曲に凝り始めるの巻② 

前回に続きクラシックにハマりだした!?話。

フルオーケストラへの興味というところでクラシックの交響曲に興味を持った中で、新たに興味を持った作曲家が2人いました。

1人はショスタコーヴィチ。
そもそもこの作曲家を知るきっかけって「涼宮ハルヒの憂鬱」だったんですよね(笑)。「射手座の日」の回で、ゲームのBGMとして流れていたんでしたっけか。オーケストラコンサート「涼宮ハルヒの弦奏」でも演奏されたのですが、その曲が交響曲第7番(第1楽章の一部)でした。
なので手始めにゲルギエフ指揮の第7番、あとソニーが名盤として推してたバーンスタイン指揮の第5番を聴きまして。聴かせどころで金管もよく効いたオーケストラサウンド、適度に前衛的なところ(後に第2番とか聴いたら「適度」どころじゃなかった)など、まだよくわかってないけど(笑)、確かに自分の好みっぽい、と感じたのでした。
あとはやはりソ連という特異な国家との関わり、というところで歴史好きの血も騒ぐんですよね。以前ガルパンや上坂すみれに影響されてソ連史など読んだりもしましたし(笑)。
てなわけで「モーストリー・クラシック」誌の特集号を取り寄せたり、ヤンソンス指揮の交響曲全集買ってきて聴いたりしておりました。

そうしたらタイミング良く、2月にはNHK Eテレの「クラシック音楽館」でもショスタコーヴィチを取り上げていたので見ないわけにはいかない!ここで演奏された交響曲第12番の良さをここで初めて知りました。指揮をした井上道義氏が「クラシックの人たちってこういう蘊蓄好きでしょw」なんて照れ隠しのように付け加えながらも語っていた「スターリンを暗示する音型」というポイント、ここに注意して聴いてみると、革命やソ連という国へのショスタコーヴィチの見方が垣間見えるような気にさせられました。まぁたぶん気がしただけですが(笑)。いろいろと含蓄のある曲、ということは何となく(^_^;)

そして2月末には同じ井上氏指揮で、大阪フィルハーモニー交響楽団による交響曲第11番、12番のコンサートが東京であると知り、慌ててチケット取って行ってきました。オーケストラは生で聴いてこそ勉強になる、なんてよく言われますし。
ホント月並みな感想でなんですが、「生は凄い」。第11番は大半が静かな曲で、眠くなりそうなのがツラいとこでしたが(^_^;)、冒頭のオルガンを思わせるような弦のロングトーンの綺麗さ、盛り上がる部分とのダイナミクスの対比が印象的でした。第12番もですが、爆発かのようなトゥッティの迫力!まだまだ勉強不足ではありましたがいい経験をできました。

興味を持ったもう一人は、ブルックナー。第4番「ロマンティック」の響きに完全にやられました(笑)。これまた「モーストリー・クラシック」誌のバックナンバーに、ヴァント指揮の全集も買ってきまして、これからいろいろ勉強したいところですね。
スポンサーサイト

テーマ: クラシック

ジャンル: 音楽

雑記  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

交響曲に凝り始めるの巻① 

もう1か月も経ってて今更ですが(笑)、WUGオンリーお疲れ様でした&ありがとうございました!

新作ではオーケストラ風アレンジもやってみたわけですが(こちら↓をご参照ください)

これのアレンジ作業が自分でもすごく楽しくてですね(^_^;) 以前からジョン・ウィリアムズとか伊福部昭とか川井憲次といった映画音楽・劇伴系の作曲家は好きで、これもそういったサントラ風をイメージして作ったのですが、これからもオーケストラアレンジやるならちゃんとクラシックの管弦楽曲も聴いて勉強したいな、などと思い始めて交響曲を中心に音源集め始めたらハマりそうな予感(笑)。


もともとピアノを習ってはいたものの、ずっとクラシックには苦手意識持ってたんですよね(古典派やロマン派のピアノ曲は今でも苦手)。技術がないことの言い訳でもあるんですが(苦笑)。

高校時代にYMO・坂本龍一にハマってその影響元ということでラヴェル・サティ・ドビュッシー辺りに興味を持ちだしたのは一つの契機だったのかもしれません。自分の音楽への興味の中心をなす、和音の「響き」というものへの興味をはっきり意識したのもこの頃からだったような気がします。なぜかその後シェーンベルクだのブーレーズだの武満徹だのと現代音楽に手を出したりもしましたが、今思うと「こんな難解な音楽聴いてる俺カッケー」みたいな中二病丸出しで恥ずかしいものがありますね(^_^;)

大学~社会人になってからも何年かに1度くらいは自分の中にプチ・クラシックブーム(相変わらずフランス近代が中心)が訪れたりもしたのですが、基本的にはピアノ曲中心で、それこそ交響曲なんぞは敷居が高くてとてもとても、と敬遠していたところがありました。オーケストラ、ってなるとサントラばかり聴いてましたね。「涼宮ハルヒの消失」「ストライクウィッチーズ」、「TNG パトレイバー(実写版)」、少し古いところでは「逆襲のシャア」とか「サクラ大戦 活動写真」のサントラはよく聴きました。DVDでは「Kenji Kawai Concert 2007」「冬木透condactsウルトラセブン」は繰り返し見たものです。それにやはり伊福部昭のゴジラシリーズは大好きで、ここ何年かでは伊福部氏の映画音楽以外の作品にも手をだすようになりました。

そして恐らく決定的な契機になったのが、去年の「艦これ」オーケストラコンサートでした。オケコンでは「ガルパン」にも行きましたが、艦これは割とガチなクラシックスタイルのコンサートで、この時に私、生のオーケストラに圧倒されるといいう経験を初めてしたような気がします(余談ですがこれの映像化・CD化まだですか!)。

これらの要素がある意味結実した、ということになるのでしょうか、映画音楽のようなオーケストラアレンジをしたい、という思いが高まってWUGオンリーの新作となり、クラシックも聴いてもっとオーケストラの勉強をしたくなっている今日この頃。

やはりフルオーケストラを、ということで有名どころの交響曲を中心にあれこれ聴いているところですが、個人的に良かったと思ったものを幾つか。

ベートーヴェン 交響曲第9番
ショスタコーヴィチ 交響曲第3番、第5番、第7番、第12番
マーラー 交響曲第1番
ブラームス 交響曲第1番

まぁド定番ばかりですが、きちんと関心を持って聴いてみるとどれも興味深いですね。クラシック関連の本や雑誌なども買い込んできていろいろ知識を仕入れているところです。

次回に続きます~

テーマ: クラシック

ジャンル: 音楽

雑記  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

新年、そしてWUGオンリーのお知らせ 

えー新年明けましておめでとうございますm(_ _)m

この頃イベントのお知らせくらいしかまともに更新していないこのブログ、今年こそは色々書きたいものですねぇ。アニメの聖地巡礼写真とかも割と溜まっていますし…(^_^;)

ではイベントのお知らせです(ぉ
今週末1/8(日)、仙台市戦災復興記念館5F会議室にて開催、WUGオンリーこと「同人誌即売会 やらせてください! 2017 仙台初売り」に「酔鍵堂」として今回も参加させていただきます!スペースは「A-10」ですー。

今回の新作はこちら。
hyousi2.jpg

だでぃっくまさん主催の「WUGゲーム部」さんで制作中のWUG同人ゲーム「WAKE U LIVE」に提供させていただく予定の、WUG楽曲アレンジです。

音雲にデモをうpしております。


01.オープニングテーマ(原曲:「7 Girls War」)
とりあえずRPGなら重厚なオーケストラだろ、という安易な考えで(笑)作りましたが、だでぃさんにも気に入っていただけたので何より(^_^;) 後半は少し和音も変えて壮大さを狙ってます。

02.まゆしぃのテーマ
03.まゆしぃのテーマ2~フィールド~
(原曲:「ハジマル」)
ラヴェルの「ボレロ」的なことをやりたくて、オーケストラ風のトラック3をまず作ったのですが、「オーダーと違うだろうがボケェ!」と怒られましたので(大袈裟/笑)、ロック系アレンジのトラック2を慌てて作りました(大汗)。ともあれどちらも「王道なカッコ良さ」を目指したつもりです。

04.ななみんのテーマ(原曲:「オオカミとピアノ」)
「忍者」ということで「和風」+「2ステップ」という大まかなコンセプトは早くから出来ていたものの、メロディを日本音階に置き換えてみたりと実験し過ぎてこれまた怒られ(笑)、結局だいぶ時間がかかってしまいました。試行錯誤の結果得られた結論は「音階より音色のチョイスがイメージを左右する(!?)」。

企画者のだでぃっくまさんには色々ご迷惑もおかけしましたが、今までのフュージョンアレンジもネタ切れになりかけていたところにこの企画のお話をいただき、非常に良い経験ができたと思っております。この場を借りて御礼申し上げますm(_ _)m

旧作も各種在庫ありますので頒布いたしますー。

今回オーケストラアレンジにも挑んでみたら凄く面白くなってきまして、映画音楽だけでなくクラシックもいろいろ聴いて勉強したくなってきた今日この頃。また次回にもオーケストラアレンジやりたいものです。

それでは今週末、仙台でボクと握手!(笑)

テーマ: アニメソング

ジャンル: 音楽

同人音楽  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

ゆかり王国一般参賀 

しばらくブログも放置してしまってましたねぇ。このところ人付き合いとかで本音を出せずに思い悩んでたりもしてたんですが、「変に気負わずに思ったことを素直に吐き出してみよう」ってことでちょくちょくと書いていけたらなぁ、なんて思って久々の投稿。

さてさて、田村ゆかり姫がライブの中止、ラジオ番組終了とキングレコード離脱を発表してはや半年余り。もうライブとかやってくれないのかな…と不安にもなっていたのですが、このたびファンクラブイベントが開催されまして、名古屋へ行ってきました。

IMG_3575 (480x640)
今回の会場は「響け!ユーフォニアム」の聖地としてこの頃とみに有名な名古屋国際会議場センチュリーホール。ここで全国大会が…(ゴクリ)


ファンクラブイベントは約1年ぶりですか。前回のパシフィコ横浜ではまさかの最前列にビビりまくったのと、姫がかなり胸元の開いた衣装をお召しになっていて、お隣さんと「谷間!谷間!」と盛り上がったことしか記憶にない(笑)。

今回はファンクラブ15周年だそうで。前半はトーク、後半は姫が各種ゲームに挑戦するバラエティ企画の二本立て、といった感じ(この後東京公演もあるのであまり詳しくは書きませんが)。

姫の玉音放送(笑)「いたずら黒うさぎ」等のラジオも終了してしまい、久しく聞いていなかった姫のトークのキレ(!?)はまだまだ健在でなによりでした。ぼっち体質なところやオタク気質なところなど、トークの端々から垣間見える姫の人間性、と言いますか気質って、我々に「あ、俺たちと同じメンタリティだ!」って親近感を感じさせるんですよね。姫があれだけの忠誠を集めるのにはその辺りも大きいのでは、とはかねてから思っていたところでした。最近だと上坂すみれ書記長が割と近いものを持っている感じもしています(こちらははるかにマニアックでもあり少し毛色は違いますが)。

少なからず期待されていたと思われるライブコーナーは無いままに終了。twitterでの反応見てもこれに落胆する向きは多かったようでしたし、私も正直寂しいものを感じました。私自身、楽曲と歌声に惹かれて王国に入ったクチなだけに姫の音楽活動再開を願ってやまないものですから。まぁ移籍にともなって楽曲の権利関係の問題も絡むであろうことも考え合わせると、現段階では厳しいのはやむなしでしょう。

とは言え、まずは姫が国民の前にまた元気なお姿を見せてくれた、という事実だけで今回は十分、というところでもあります。王国への納税者(ファンクラブ会員)向けではありましたがファンに向けたイベントが開催された、ということは一つの希望とも言えます(大袈裟)。先頃「なのは」新作映画製作の発表もあったことですし、その辺で待望の新曲があるのでは、と睨んでいるのですが如何に!?
また今後の活動を気長に、焦らず待ちたいと思います。

テーマ: 声優

ジャンル: アニメ・コミック

雑記  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

今週末はWUGオンリー! 

どうも、M3落選マン、すいけんです(´・ω・`) 同人音屋にとって最大のイベントなのにサークルカット送り忘れて落選とは情けなや…。

ま、それはさておき、今週末8/6はWUGオンリー即売会「同人誌即売会やらせてください! 仙台七夕スペシャル」(於:日立システムズホール仙台 交流ホール)ですね。今回も我が「酔鍵堂」参加させていただきます!スペースはD-04です。

今回の新譜はこちら。

再びのT-S○UAR○風パロディアレンジCDです。前々回出しました「WUG GT」の続編的な。

01.タチアガレ!~音速の少女たち~
サブタイトルからお察しください(ちと苦しいかw)。アイルトン・セナのテーマ曲っぽく。

02.16歳のアガペー~未来への扉~
セナのテーマやったなら今度はアラン・プロストのテーマ曲風に。実際にはこっちを先にネタとして思いついてたんですけどね(^_^;)

今回はこの2曲入り¥200。
某バイクアニメのキャラみたいなジャケットが目印です(笑)。名付けて「真夢先輩」www

「WUG GT」↓と合わせてお楽しみいただければと思います。


ご来場お待ちしておりますm(_ _)m

テーマ: アニメソング

ジャンル: 音楽

同人音楽  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top